イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

メリットたくさんイソフラボン

画像

最近の健康ブームやアンチエイジングの流行に伴って注目を集め始めた成分「イソフラボン」。 しかし、これが一体どんなメカニズムで健康や美容に効いてくれるのでしょうか?

その実態は意外に知られていませんね。
このサイトでは、そんなイソフラボンの効果や作用を解説するとともに、本当に効いてくれる高品質なアイテムをご紹介します。

○アンチエイジングへの効果

画像

アンチエイジングを直訳すれば「若返り」という意味になります。 これはつまり、肌年齢を若返らせたりするということですが、具体的なメカニズムとしては活性酸素の抑制がキーポイント。

活性酸素という物質は寝不足や食生活の乱れ、紫外線を浴びるなどの原因で体内に増加してしまいます。

体内に増えすぎると、細胞を攻撃して老化の原因となってしまうと言われているのです。 それに対抗できる力が「抗酸化作用」。

体内でも抗酸化作用を持った物質は分泌可能ですが、これは20代をピークに徐々に失われていきます。 結果として30代以降になると活性酸素の悪影響から体を守る術がなくなり、老化が進行してしまうのです。
《ここでいう老化とは免疫力の低下などはもちろんですが、肌のシワやシミを治す力(=肌のターンオーバー)や体のたるみなども意味します。》

では、30代以降になってしまったら、ただ指をくわえて老けていくのを我慢しなければいけないのでしょうか? いえ、そんなことはありません。
私たちにも老化に抵抗する術があるのです。それがアンチエイジング!
体外から抗酸化作用をもったサプリや食べ物を摂取することで活性酸素の悪影響を抑えこむことが出来るのです。

そして、そんな抗酸化作用を持った成分の代表格がイソフラボンです。 この作用を上手に活用することでいつまでも若々しさを維持することが出来ます。

○バストアップへの効果

画像

イソフラボンの魅力はアンチエイジング効果だけではありません。
それは「エストロゲン様作用」。
簡単に言えば、女性ホルモンと似た働きのことを指しています。

この働きによって女性ホルモンの欠乏や男性ホルモンの過多を修正してくれるのです。 例えば、女性であれば女性ホルモンをイソフラボンによって補充することでバストアップの効果を期待できます。

実際にバストアップに成功したという人も少なくありません。
もちろん一日二日で大きな変化がみられるわけではなく、基本的には2ヶ月以上の期間にわたって摂取を継続する必要はあります。

バストアップは長期戦になるので製品の価格も気にしながら選ばないと後で「お金が足りないから・・・」と投げ出すことにもなりかねません。

成功させたいのであれば、イソフラボン含有率の高いリーズナブルな製品が最適でしょう。
例えば、ピュアプエラリアのような製品が挙げられます。

○更年期障害の症状緩和効果

画像

この他にもエストロゲン様作用による効能はあります。
ホルモンバランスの乱れによって生じる思春期ニキビの改善や不妊治療のサポートにも役立つでしょう。
骨粗しょう症に対しても効果があるのだとか。

これは女性ホルモンにカルシウムと骨をつなぎとめる働きがあるから。 また、男性にとっては男性ホルモン過多が抜け毛の原因になるということから、AGA(男性型脱毛症)の予防と解決にも働きかけてくれることが判明しています。 男性用・女性用を問わず、育毛剤にはイソフラボンが配合されていることが多いのはこの為です。

そんななかでも女性ホルモンと似た働き(エストロゲン様作用)によって得られる効果として嬉しいのは更年期障害の改善です。 更年期障害は閉経によるホルモンバランスの大幅な変化によって引き起こされる女性特有の症状。

頭痛や腹痛などの身体的な症状もさることながら、イライラしたり不安になったりなど精神的に不安定な状態に陥ってしまうのも辛いですよね。 なかなか他人に話しにくいということから、1人で悩みを抱え込んでしまうというケースも多いと言います。

そこで役立ててほしいのがイソフラボンなんです。
閉経によって急激に減少してしまった女性ホルモンをイソフラボンのエストロゲン様作用によって修正し、正常な状態に戻します。

これによって精神的にも身体的にも回復が見込めるのです。

イソフラボンを含む食品

画像

イソフラボンはポリフェノールの一種であり、食品からも摂取することが可能です。 ただし、十分な量を継続的に摂取するとなると、かなり膨大な量を食べなければいけないので、現実的には効果を実感するのは難しいでしょう。

その為、サプリメントからの摂取が理想的です。

しかし、知識としてイソフラボンがどんな食品に含まれているのかを知ることは非常に重要。アイテム選びの参考になるはずです。
例えば、イソフラボンを含む代表的な食品としては大豆が挙げられます。 大豆はもっともポピュラーと言えるでしょう。

この他にはプエラリア・ミリフィカという植物がイソフラボンを豊富に含む食品として挙げられます。 プエラリア・ミリフィカを原料にしているサプリや化粧アイテムもあるので参考にしてみてください。

この植物はタイ北部やミャンマーの山岳地帯などに自生しているマメ科クズ属の植物。
赤・黒・白の三種類があり、大豆の約40倍もの含有量を誇るのも特徴です。
大豆イソフラボンと同様に美肌効果や更年期障害の軽減、特にバストアップへの効果が期待されます。


プエラリアを使っている製品はコレ♪
⇒ ピュアプエラリア

イソフラボンの豆知識

コストパフォーマンスの高い高品質なアイテムを選ぶ為には知識を蓄積する必要もあります。 また、ユーザーの方から頂いた質問にも、この場でお返事させて頂いております。
ぜひ参考にしてください。そして、自分にあったアイテムを選びましょう。

○副作用について

画像

イソフラボンの摂取に際して気になるのが副作用です。
その効果が多岐にわたるということから、副作用もあるのではないか・・・と心配される方も多いのです。
しかし、実際のところ、この成分は医薬品のような化学物質ではないということから副作用を心配する必要はありません。
あくまで食品由来の有効成分だということを忘れないように!

ただし、過剰摂取には気を付けるべきだと言えます。
一日の目安量を超えてイソフラボンを摂取し続けると逆に身体に負担がかかってしまいます。 何事も過ぎたるは及ばざるがごとしという言葉のとおり、必要な量を必要なときに摂取しましょう。
短期間に沢山摂取したからといって、効能がアップするわけではありません。
もっとも効果的なのは「パッケージに記載されている用法と用量を守ること」。
これだけをしっかり徹底するだけで十分に効果を実感することができるはずです。

○アレルギーについて

副作用については問題ありませんが、アレルギーには注意する必要があるでしょう。
牛乳や卵、蕎麦などの食品がアレルゲンになってしまうのと同様にイソフラボンもアレルゲンになる可能性が少なからずあります。 そもそもアレルギーとは、植物・食品などの体外から体内に入ってくる物質に対して免疫が過剰に反応してしまう状態。
本来は無害な物質でもアレルギー症状を引き起こし、体調を崩してしまう場合もあるのです。

防止策としては、アレルギー体質の方は事前に医師に確認しておくこと。
それ以外の方は基本的に心配は要りませんが、心配なら確認しておいても良いでしょう。
ちなみに具体的な症状としては喘息や嘔吐、蕁麻疹などがあるようです。
基本的には非常に安全な成分なので上手にイソフラボンを活用しましょう。

○アイテム購入はネット経由が一番

画像

アイテムを購入するときに電話から購入しようと考えている人もいらっしゃるかも知れません。 確かにパソコンが苦手な方だとインターネット経由で購入するのはハードルが高く感じるかも。

実際に私も最初はネット経由の購入を避けていました。

しかし、ネットだけの特典やキャンペーンもあるので、どうしても損をしてしまうんですよね。 そんなキッカケでネットでの購入を試みましたが、意外に簡単。
パソコンが苦手な私でも簡単に買う事ができたんです。
キャンペーンや特典を逃さない為にも、ネットからの購入にチャレンジしてみてください。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら