イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

イソフラボンを食品から摂取

注目の成分「イソフラボン」は食品からも摂取可能

老化やガン発生の原因とも言われている【活性酸素】という物質が注目されています。
ストレスの蓄積・生活リズムの乱れ・運動不足・紫外線 etc.
が私たちが呼吸で身体に取り込んだ酸素に悪影響を及ぼして活性酸素に変えてしまうのです。


これを排除するためには【抗酸化作用】を持った物質や成分の摂取が必要不可欠です。
その代表として挙げられるのがポリフェノールと呼ばれる成分です。
特に大豆の胚芽などに含まれている【イソフラボン】という成分は非常に優秀な成分だと考えられています。


他にも更年期障害や骨粗しょう症などの病気に大きく役立つと考えられています。
同時に美容や美肌にも効くので女性には嬉しい成分だといえるでしょう。


現在では科学技術の進歩と健康食品市場の急成長に伴ってサプリメントなどから摂取する
という方法も非常にポピュラーになってきたといえるでしょう。
しかし、そもそもは大豆や葛などの食品に含まれている栄養素です。


だからこそ、食品からの摂取も望ましいといえるでしょう。
ここではイソフラボンを含んでいる食品について解説しています。


イソフラボンを含む食品の代表例
●大豆製品
(納豆・豆腐・みそ・豆乳・醤油など)
●葛の根
●レッドクローバー
●ザクロ
●プエラリア・ミリフィカ


レッドクローバーはハーブの一種であり、豊富に含有している植物です。
とはいえ普段の生活のなかに常に取り入れるのは難しいでしょう。
ザクロは比較的日本人にも馴染みのあるフルーツですが、毎日の摂取には不向きかもしれません。


食品やサプリメントなどから健康効果のある成分を摂取して成果を得るためには、
日々の継続的な摂取が必要となります。
だからこそ、毎日とりやすいような食品を選択することが肝要となります。


そして最も適していると考えられているのが大豆です。
上記のような大豆加工食品からでもイソフラボンの摂取は十分に可能なため、
基本的に飽きてしまうことや投げ出してしまうことも少ないでしょう。


生活習慣病予防をはじめ、様々な症状の改善に役立ちます。
一度、意識して大豆製品を多めに食べてみてはいかがでしょうか?

気になるアラキドン酸サプリメントについての記事も参考にご覧ください。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら