イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

大豆レシピ

イソフラボンを豊富に含む食材

イソフラボンを多く含む食材として最も代表的なものが【ダイズ】ではないでしょうか?
世界中で広く作られている食物であり、日本にもはるか昔から栽培されていたという歴史的な作物です。
このダイズの胚芽の部分からイソフラボンが豊富にとれます。
豊富といっても、非常に貴重な成分であることには間違いありません。
ダイズ一粒からもごく僅かにしか摂取できないと言われています。


ちなみにダイズは未成熟の段階だと【枝豆】と呼ばれています。
日本ではお酒のおつまみなどに枝豆の塩ゆでが定番となっている事で知られています。
また様々な加工食品として活用されており、納豆やきなこ、豆乳などがその代表例です。


ダイズは暗いところで発芽させることでモヤシになることでも有名です。
世界一の生産量を誇るのはアメリカで日本は消費量を多くを輸入に頼っています。


【大豆スープ】
ポタージュにして温かく飲めるうえに栄養満点のスープです。
〈用意するもの〉
●ゆでた大豆
●水
●牛乳
●バター
●コンソメ
●塩コショウ

ミキサーに人数分のダイズを投入して全て覆いかぶさるくらいに水を入れます。
それを撹拌して鍋に投入してください。
牛乳を少しずつ加えてトロミを出します。
その後コンソメをくわえて味をつけて、適量のバターと塩コショウで味を調えます。
仕上げに黒こしょうやパセリを散らして完成です。


この他にもダイズは様々な料理や加工を行われます。
その数は他の食材と比較しても非常に多く、日本の食生活を支えているといっても過言ではないでしょう。
節分の時期に使われるのはダイズを加工したいり豆ですし「甘納豆」なども人気の加工品です。
きな粉・ずんだ・湯葉・豆腐・油揚げなど例を挙げればキリがありません。
醤油や味噌などの調味料もダイズに頼るところが大きいように感じられます。


骨粗しょう症や動脈硬化、更年期障害の防止などダイズ効果は多岐にわたります。
さらに抗酸化作用の力で美容や美肌にも大きな働きをもたらします。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら