イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

大豆の栄養素

豊富な栄養で身体を元気に

私たちの生活のなかで「ダイズ」は非常に重要な食材だと考えても間違いではありません。
大豆をそのまま食べたり活用することは余りないことかもしれませんが、
ダイズから加工された食品や調味料は多岐にわたります。


例えば味噌や醤油などの生活必需品と言っても過言ではないような調味料も原料はダイズです。
豆乳や豆腐、湯葉や油揚げをはじめとして納豆などに代表されるように
大豆加工食品は日本人の生活と密接な関係を持っています。


この大豆に含まれる【イソフラボン】という栄養素は非常に大きな注目を浴びており、
強力な抗酸化作用などの働きが高い評価を受けています。
また女性ホルモンに似た作用を持っていることから更年期障害などに効果を示すと考えられます。
骨粗しょう症にも一定の働きが期待されています。


具体的に言えば、大豆イソフラボンにはいくつかの種類があります。
ゲニステイン・ダイゼイン・グリシテイン
がダイズに含まれているものの代表的な例です。


ただしアレルギーを引き起こす可能性のある食材としても知られています。
アトピーやアレルギー体質の人は必ず医師に相談してから摂取するようにしましょう。
ごく稀にではありますが、アナフィラキシーショックを引き起こすこともあるようです。


この他にも日本では「畑の肉」と言われるほどのタンパク質を含有しています。
100グラム中に含まれるたんぱく質の比重は37グラム程度もあることから、
アメリカでは【黄金の大地】という呼び方もあるほどです。


鉄分やカルシウムなどを豊富に含むことでも知られています。
ミネラルをも豊富に含んでいることから健康促進にもっとも適した食材のひとつとも言えるでしょう。
こういった豊富な栄養を背景として牛や鳥などの飼料としても重宝されています。


ダイズの若芽は「もやし」であり、主に暗所で栽培することで育てることができます。
また若い未成熟なダイズは「枝豆」です。
乾燥させたり炒ったりすることで全く別の食品になります。
ガンの予防にも役立つと考えられていることからも、まさに健康に大きく寄与する食材だといえます。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら