イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

胚芽に注目!

大豆のなかでもイソフラボンが豊富!

大豆にも様々な箇所がありますが、独自のメカニズムを持っていることは意外に知られていません。
日本では「畑の肉」とも比喩されることがありますが、ダイズ独自のメカニズムがこの呼称の背景です。
これはそもそも、大豆に含まれているタンパク質の豊富さに由来しており、
しかもそのタンパク質は人間によって非常に優れたものであるという事が近年わかってきました。
タンパク質のなかでも特に優秀なタンパク質なのです。


そんな大豆の最大の特徴のひとつとして【イソフラボン】の含有が挙げられます。
ダイズに含まれているものは特に「ダイズイソフラボン」と呼ばれており、
ゲニステインを代表とする三つの成分から成り立っています。


イソフラボンは主にダイズの「胚芽」という部分に多く含まれているという事がわかっています。
豊富に含まれているとはいえ、その含有量は全体の2パーセントにすぎません。
しかし、ダイズという植物全体の含有量としては0.2パーセントしか含有していないという側面から見れば、
胚芽が優秀であるという事を窺い知ることができます。


では、そもそも胚芽は一体どんな機能を持った部位なのでしょうか?
結論から言えば、ここは将来的に「芽」になる部分です。
そのため、たくさんの栄養を集中的に含んでいます。
とはいえ、一粒一粒の胚芽だけを選んで食べるというのは物理的に不可能だといえます。
そこで注目されるのがサプリメントです。


サプリメントを活用すればわざわざ大量のダイズを摂取する必要はありません。
一粒のなかにイソフラボンが凝縮されているので、一瞬で十分な量を摂取可能です。
しかも外出先でも摂取できることから利便性の面でも効率的です。


さまざまな機能と効能を持ったダイズは素晴らしい食材として注目されていますが、
残念なことに日本での生産は多くはありません。
現状としてはアメリカなどの諸外国からの輸入が主となっている状態です。


それ故に、なおさらサプリメントの有用性が高まっています。
良質な栄養をギュッと詰め込まれたサプリを活用して健康生活を手に入れましょう。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら