イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

相乗効果!青魚と摂取

青魚と一緒に摂取しよう

大豆に豊富に含まれている非常に有用性の高い栄養素である「イソフラボン」ですが、
実は単体での摂取よりも組み合わせて摂取することによって相乗効果を得ることができます。
それによって、従来よりも効率的な身体への働きが期待できるという訳です。
組み合わせる食材や成分によってメカニズムなどの詳細は異なります。
計画的に摂取することによってイソフラボンの潜在値を最大化させましょう。


ここではイソフラボンの効果を高める働きが期待されている
「青魚」との相性を詳しく解説していきます。


そもそも青魚とは一体なんなのでしょうか?
簡単に言い換えれば、背中の青い魚のことを指しています。
具体的な食用魚としてはサバが代表的です。
その他には、イワシ類やサンマ類などのサカナが挙げられます。


では具体的に青魚がどんな特徴を持っているかというと、実は一概に言えることではありません。
というのも、青魚はあくまでも「外見」によって包括した呼称であり、
学問のうえでまとまっているモノではないからです。
しかし、共通したポイントはある程度は分かってきています。


基本的に群れによる遊泳を行っており、またそれに適した赤身ということが背景となり、
EPAと呼ばれるエイコサペンタエン酸やDHA(ドコサヘキサエン酸)の割合が大きいと言われています。
それ故に、血中の悪玉コレステロールを抑える働きが強いのです。


このドコサヘキサエン酸などの不飽和脂肪酸の働きとイソフラボンの働きは、
共に生活習慣病の予防と改善に非常に大きな役割を果たしています。
生活習慣病の要因は運動不足や食生活の偏りであるという事が指摘されています。
イソフラボンは抗酸化作用という働きをもって、身体の毒素(活性酸素)を排してくれます。
その一方で、青魚類は不飽和脂肪酸の力で悪質なコレステロールを抑えます。
これによってメタボリックシンドロームなどを予防することが出来ます。


また、青魚はカルシウムが豊富です。
このカルシウムを骨と合成させる働きを促進させるという相乗効果を持っているというビタミンKなども含め、
ダイズ・イソフラボンが健康に大きく貢献するのです。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら