イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

イソフラボンを化粧水から摂取

肌の美容効果に化粧水からの摂取がオススメ

年齢の経過と共に肌は劣化してしまうものです。
一定の年齢を超えると肌のターンオーバーが遅くなってしまうのが大きな要因として挙げられるでしょう。
これは活性酸素などの悪影響で、古い肌を脱いで新しい肌を生み出すサイクルがゆっくりになってしまう状態です。


一般的に肌のたるみなどのトラブルは上記の原因が大きいと考えられていますが、
これを改善するためには一体何をすればいいのでしょうか?


結論から言えば、必要なのは抗酸化物質の摂取適切なセルフケアの二つです。
どちらも継続が必要ですが至って簡単な作業です。


【抗酸化物質の摂取】
もっとも強力な抗酸化作用を持っている成分の一つにポリフェノールが挙げられます。
そして、その中でも「イソフラボン」は特に素晴らしい働きを期待できる成分です。
この栄養素は大豆などに多く含有されていて、大豆加工製品などの食品からも簡単に摂取が可能です。


ただし、美容に対しての働きをさらに期待できるのが「化粧水」です。
近年では美容との強い関係性が注目されているという背景もあり、
イソフラボンを配合している化粧水がいくつも登場しています。
先述したターンオーバーを活発にする大きな手助けする事ができる有効なツールといえるでしょう。


【適切なセルフケア】
いくら素晴らしい化粧水を持っていても正しく使えなければ意味がありません。
ここでは洗顔や化粧水の塗布などの流れと注意点を説明しています。


まずはたっぷりの泡で顔を洗いましょう。
手ではなく、泡で顔を包み込むイメージを持って優しくなでる様に洗ってみて下さい。
洗顔後は顔の余計な脂がとれた状態ですから、毛穴が開いてしまっています。
その為、冷水で肌を引き締めてください。
この作業を怠るとせっかくキレイになった毛穴に即座に脂や汚れが溜まってしまいます。


その後は優しく丁寧にタオルで水分をぬぐってください。
そして適量の化粧水を手に取り、浸み込ませるように塗布しましょう。
あまり沢山塗りすぎても逆に肌がべたついて汚れてしまいますから注意が必要です。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら