イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

イソフラボンの乳がんへの効果

乳がんを予防

ガンは恐ろしい生活習慣病のひとつです。
運動不足や食事のバランスの乱れ、その他生活リズムが崩れることによって発生することでも知られますが、
実際のところ、遺伝などの体質にも大きな関係があるとみられています。


しかし、親族がガンになりやすい体質だからといって、諦めたり絶望する必要はありません。
なぜならガンは予防することも不可能ではないからです。


やはり根本的な解決方法は適度な運動を心がけることや、食事のバランスの是正です。
しかし、これだけでは不安という方やなかなかそれが出来ないという人は、
一度イソフラボンの摂取で予防を試みてみてはいかがでしょうか?


イソフラボンは特に乳がんへの予防効果を持っているということで注目されています。
これはエストロゲン様作用を持っていることが大きく関係しているようです。


ではそもそも乳がんの原因は一体何にあるのでしょうか?
また、乳がんとは一体なんなのでしょうか?


乳がんは主に女性にのみ発生する病気として知られています。
非常にまれにではあるものの、男性にも発生することがありますが、基本は女性の病気です。
この病気のリスクが高まるのは、主に年齢を重ねることによると言われています。


特に注意が必要な女性は、成人後に体重が大きく増加している人です。
その他にも初経年齢が低い場合やピルなどのホルモン療法を受けている場合も特に注意が必要です。


日本人の乳がん発症率は欧米人よりも低いとされてはいるものの、
16人に一人程度の割合で発症するなど、非常に身近な恐ろしい病気として広く認知されています。


上記の理由の多くでエストロゲン(女性ホルモン)の影響によるところが大きい
というのは窺い知ることが出来ますが、これをイソフラボンのエストロゲン様効果で、
エストロゲンの過不足を調整するというのは非常に合理的な手段とも考えられます。

また、欧米人に比べて大豆の消費が多いということがアジア女性に発症率が低い裏付けとされることもあります。
それだけ大豆イソフラボンの効果が期待されているのです。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら