イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

骨粗鬆症への効果

骨の健康を促進

近年の日本では少子高齢化の傾向があり、およそ4人にひとりが高齢者という状況になっています。
年齢を重ねると様々な病気のリスクが徐々に上がっていきます。
免疫力や自然治癒力をはじめとする様々な身体機能が低下してくるという事が大きな要因として考えられます。


そして高齢化社会にともなう大きな問題とも言われているのが、骨粗しょう症です。
この病気は骨の密度が低くなってしまうことによって骨折などを引き起こす可能性が極端に上がってしまう
というものです。


転ばなくても、何かに躓いただけで骨折してしまうなど、日常生活に支障をきたします。
この病気がきっかけになって、寝たきりの生活になってしまうお年寄りも多いようです。


そもそも骨を作っているのは【カルシウム】というミネラルです。
カルシウムそのものは比較的よく耳にする栄養素ですが、
この成分が身体のどこから吸収されて、どんな風に骨になるのかという点までは
知らないという人の方が多いのではないでしょうか?


そもそも骨は肌と同じように古いものから新しいものへと常に生まれ変わっています。
この骨を形成するタイミングで腸から吸収されたカルシウムが合成 を行うのです。
しかし、このバランスが崩れてしまうことがあります。
そうなると、新しい骨は作られていないのに古いものは壊れていくという危険なサイクルになります。
これが骨粗しょう症なのです。


更年期障害などのタイミングは骨粗しょう症にもっとも注意しなければいけない時期です。
女性ホルモンの低下は大きな原因だと考えられているからです。


だからこそ、逆に女性ホルモンを摂取することで予防効果にもなるということです。
それによって、骨からカルシウムが溶け出してしまうのをゆるやかにしてくれます。


そして女性ホルモンと同様の働きを持っている手頃な栄養素として注目されているのがイソフラボンです。
この成分がエストロゲン様効果といわれる上記の「同様の働き」によって骨粗しょう症を防ぎます。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら