イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

アルツハイマーへの効果

認知症への効果とは?

【認知症(アルツハイマー)とは?】
近年、アルツハイマー型認知症の患者が急増しています。
そもそもアルツハイマーは日本でもっとも多い認知症のタイプのひとつです。
ただ単純にボケてしまうのではなく、人格が変化してしまうということが大きな不安となります。
遺伝性のものもありますが、多くは加齢とともに発症し、
60歳をすぎると症状が引き起こされる可能性があります。


【原因は?】
アルツハイマー発症の原因はいくつか考えられます。
遺伝によってリスクが増す場合もありますが、一般的には下記の要因が挙げられます。

●生活習慣の乱れ
食生活、特に魚を摂取するかしないかという差が大きな影響を与えます。
ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸などの不飽和脂肪酸が大きな要因になっていると考えられます。
毎日一回は魚を食べている人とそうではない人とを比較すると5倍もリスクが高まります。

さらに、運動の頻度が少ない場合も原因になり得ます。
たばこを吸う場合や副流煙などの受動喫煙をする場合もリスクが増してしまうということがわかっています。


●睡眠不足
寝ている時にはリスクとなる物質のアミロイドベータが体内から減少するということがわかっています。
その反面、起床している間はアミロイドベータが蓄積されるということから、
睡眠不足はアルツハイマーの大きな原因として考えられます。


【イソフラボンの役割】
では、具体的にはイソフラボンはどのようにアルツハイマー型認知症に働きかけるのでしょうか?
認知症とはいっても、簡単に言ってしまえば脳の疾患です。
そして、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持っていると考えられています。
これを言い換えるとエストロゲン様作用といい、脳や神経系にも好影響を与えます。


さらに血流を良くすることで脳にも酸素や栄養がしっかりと届くため、
痴呆にも高い改善効果が得られるとされています。


あらかじめイソフラボンを積極的に摂取することでアルツハイマーを予防しましょう。
サプリメントでも食品からでも必要量の摂取は可能だと言われています。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら