イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

イソフラボンの宝庫大豆

身近にある心強い食材

私たちの生活において非常に重要な存在である「大豆」ですが実は意外な効能を持っています。
それが【イソフラボン】という成分です。
これは高い抗酸化作用にくわえて、女性ホルモンと同質の機能があるということで高い評価を得ています。


それ故に肌を若返らせるアンチエイジング効果やバストアップ効果なども期待できます。
さらに生活習慣病の改善・予防をはじめ、様々な症状に効果を発揮してくれるのです。


最近では不妊への効果や骨粗しょう症の予防効果などにおいても注目されており、
サプリメントなどを用いて積極的に摂取しようという人も増えてきています。


そんな有効成分を含んでいる大豆ですが、魅力はそれだけにとどまりません。
当然のことながら、その他の栄養も豊富に含まれています。


その第一の例として挙げられるのが【タンパク質】でしょう。
実はダイズには肉と同等レベルのタンパク質が含まれているのです。
植物としては異例であり、これだけの含有量を誇るものは他にありません。
それ故に日本では「畑の肉」と表現されることがあります。


これには、少し特殊ともいえるダイズという植物のメカニズムが関係しています。
根の部分にある根粒(こんりゅう)というコブが大きなポイントで、ここに細菌が住んでいるのです。
細菌はダイズから質の良い栄養分を吸い取っている代わりに、窒素を天然の肥料(硝酸塩)に変換します。


本来は植物が自分自身では摂取できない成分である上に、非常に摂取が難しいとされていて、
硝酸塩を自ら作り出して利用できる環境は植物にとって大変有利な状況といえます。
ダイズは、それを可能にした事で一般には考えられないほどのタンパク質量を得たのです。


歴史も長く、日本では縄文時代から人に活用されていたというデータもあるそうです。
それだけの間、日本人と密接な関係を築いていただけあり、今でも様々な加工食品が流通しています。
これらのダイズ加工食品内にも先述したイソフラボンは含有されています。


それ故に、納豆や豆乳などで食事から摂取することも十分に可能なのです。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら