イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

プエラリア・ミリフィカとイソフラボン

プエラリア・ミリフィカとは?

イソフラボンというと、先ず連想するのはダイズかもしれません。
確かに大豆は私たち日本人を含め、世界中で馴染みの深い食べ物です。
ダイズを加工した製品も様々あり、私たちの生活を支えている食材と言っても過言ではないかもしれません。


同時に、イソフラボンを摂取する有効なツールであることも確かです。
私たちの生活のなかで、食事から摂取するとなれば、真っ先にダイズかダイズ製品を購入するはずです。


しかし当然のことながら、この成分を含んでいる食材・植物は大豆だけではありません。
最もポピュラーでメジャーである、すなわち身近であるということに加えて、
高い含有量を誇るという有用性はあるものの、ダイズ以上の含有量を誇る食材も実は存在します。


それが【プエラリア】です。


これは学名でプエラリア・ミリフィカという植物で、タイヤミャンマーの山間にのみ自生しています。
だいずと同じ豆科の植物であり、赤・黒・白と三種類あるのが特徴です。


大豆と比べて栄養価においては圧倒的に劣り、食物繊維や砂糖しか含んでいません。
しかし、イソフラボンにおいては大豆の四十倍もの含有量を誇っています。


ダイゼインやゲニステインなどのフラボノイドについても含まれており、女性ホルモンと近似した作用をもたらす
という意味では、非常に有用性の高い植物だといえるでしょう。
ただし、その強力な作用は「強力すぎる」と考えられることもあり過剰摂取に十分に注意する必要があります。


現在ではサプリメントなどから購入・摂取することが出来る様になっていますが、
あくまでも用法と用量を守って服用するようにしましょう。


見分けることが非常に難しいということでも知られており、実際に似た種が多数存在しています。
それらは毒性が強く危険なため、選別に十分な注意が必要とされています。
ただし、現在では日本での栽培にも成功しているため、サプリなどから摂取する場合は、
毒性に対して心配する必要はないでしょう。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら