イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

前立腺ガン予防効果

イソフラボンの効果とは?

【ガンとは?】
ガンは私たち日本人の死亡の原因として、最近では常に一位を占めている恐ろしい病気です。
身体中の様々な箇所に発生し得るもので、生活習慣病の一種とも考えられています。
遺伝子に異状が引き起こされたために、コントロールが利かなくなった細胞が集団で増殖を行うという病気です。
もっとも恐ろしい点が「転移」で、次々に身体中に広がり蝕まれてしまう可能性があります。


原因は遺伝を含めて様々な要因が考えられています。
そのなかでも喫煙や飲酒、運動不足や食文化の変化によって引き起こされるとも考えられており、
現在では戦後の肉中心の食事が広がった、いわゆる食の欧米化が問題だと言われています。
そして、この肉中心の食事は前立腺ガンの大きな原因だと考えられます。
同時に乳がんや大腸がんとも関係が強いとされているようです。


【前立腺ガンとは?】
このタイプのガンは日本でも3.5パーセント程度の死因になっています。
近年、患者数・死者数ともに急増している傾向にありますが、
比較的治療によって回復する可能性が高い病気としても知られています。


先述したように主な原因は食生活にあると考えられています。
肉中心となっている近年の食文化に変化してきたことによって患者数が増えたということも考えられています。
実際に肉中心の食事生活を送っているアメリカ人男性は約20パーセントもの人が前立腺癌を患うそうです。
これはアジア人よりも白人や黒人の方が発生率が高いという人種的な要因もあると考えられていますが、
やはりリスクを高めるということはデータ上、間違いないと考えられます。


遺伝による症状の発生も考えられるとされています。
親族のなかに前立腺癌を発症している人がいれば発症リスクが高まるということが考えられます。
この場合、十分に予防をしておくことが肝要です。


そして予防策として注目を集めているのが大豆イソフラボンです。
成分のひとつであるゲニステインとダイゼインが予防を効果を持っているため、
体内の濃度を上げることで対策を行うことも可能です。
また血中におけるイソフラボンの濃度をあげることでも前立腺がんの対策になります。

癌の治療にはプロポリスも有効です。


Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら