イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

イソフラボンの血圧抑制効果

生活習慣病改善に

日本人の多くが患っている生活習慣病のひとつに【高血圧】が挙げられます。
この病気には様々な原因があると考えられており、そのひとつには生活習慣に関する要因が考えられます。
さらに遺伝的な原因も絡んでいるとされていて、実際の原因が解明されることは極めて僅かです。


しかし、食生活の欧米化という背景から肉中心の脂っこい食べ物に栄養源がシフトしてきたという事もあり、
その影響をうけて、確実に発病率は増加しています。


この病気に影響を与えてしまう食事の傾向として挙げられるのが、塩辛い味付けです。
その他にも運動不足が要因になるとも考えられていて、根本的な改善を図るには、
まずこれらの要因を解消しなければいけないでしょう。


病気の概要を簡単に説明すると、文字通り血管への圧力が強くなりすぎてしまう事を指します。
このメカニズムとしては、心臓の働き、いわゆる心拍の力とそれに対する末梢血管の抵抗とが、
たがいにバランスを取り合っていたものが崩れることにあります。


恐ろしいのは自覚症状がないという点です。
そのため、普段通り生活していても既に病気が引き起こされている可能性があります。
それが突然、動脈硬化になってしまって更に心臓病などを引き起こすという事も有り得るのです。
この期間が長く気づかなかった場合は最悪、死に至ります。


リスクとしては心臓病や脳卒中などの死に至る病を引き起こしてしまうという点が挙げられます。
さらには腎臓にも大きな負担がかかっていると言われています。
また、喫煙者や糖尿病、メタボリックシンドロームを患っている方は特に危険だとされています。


上記のような突然症状が悪化するなどの可能性が考えられるからこそ、健診は必要です。
早期に発見することができれば、大きなリスクは避けることができます。
50歳を超えると、発病率が半数を超えてしまうというデータがあるため、
ある程度、年齢を重ねたら定期的に健診を受けるクセをつけましょう。


この症状にイソフラボンが効きます。
強力な抗酸化作用が血液をさらさらにして原因であるコレステロール値を低下させるのです。
定期的な摂取で、高血圧を予め防ぎましょう。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら