イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

イソフラボン過剰摂取すると?

摂取量を守って安全に

何事においても、やりすぎは大きなトラブルのもとになってしまいます。
健康食品やサプリメントにおいても同じことがいえるでしょう。
せっかくの健康を促進する成分が、逆に身体に悪影響や負担をかけることになりかねせん。


普段から食べている食事でも同じことがいえるはずです。
例えば「お肉」は大切な栄養素の一つであるタンパク質の重要な栄養源です。
お肉を食べなければ健康を損なうリスクが高まると言われています。


その反面、食べ過ぎも病気やトラブルの原因となってしまいます。
近年注目されている中性脂肪値やコレステロール値が高くなってしまうのが大きな要因です。
ドロドロの血液や生活習慣病の原因になってしまうとも言われています。


何事も過ぎたるは及ばざるがごとしという言葉がありますが、まさにその言葉のとおりです。
身体の組織を作り上げる大切な食材だからといって、
毎日三食必ず肉をメニューに取り入れれば健康は大きく損なわれてしまうのが目に見えています。


これと同じ理屈が健康食品やサプリメントにもあてはまるのです。
イソフラボンについても同じです。
サプリメントからの摂取しろ、食事から摂取するにしろ、必ず一日あたりの摂取量を意識するべきでしょう。


例えば、男性が過剰に摂取してしまうと性ホルモンのバランスが大きく崩れてしまいます。
これはエストロゲン様作用という効果の所為ですが、過剰摂取しなければ、何の問題もありません。
具体的には乳房が女性のように膨らんできてしまったり、精子数が少なくなってしまう。
という症状があると言われています。


情報量の少なさから明確な症状が明らかになっているわけではありませんが、
とにかく正しい服用方法を心がけることで予防することはできます。
効果が出ないことなどが原因で、ついつい大目に飲んでしまうかもしれませんが、
大切なのは量よりも継続することだと言えるでしょう。
必ず一日あたりの摂取限度を頭にいれておきましょう。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら