イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

子供のイソフラボン摂取は?

15歳未満の子供のイソフラボン摂取について

大豆イソフラボンをはじめとするイソフラボンの摂取は、私たちに様々な健康効果・美容効果を与えてくれます。


ニキビやアトピーにも良いことから、子どもにも摂取させたいと思う方が多いようです。


一般的に、薬やサプリメントなどは大人(15歳以上)と子供(15歳未満)では用法・容量などが異なります。


イソフラボンという成分の場合はどのように考えられているのかが気になるところです。


食品安全委員会によると、胎児・乳児・幼児・小児の摂取に関しては、
【普段の食生活において大豆イソフラボンを摂取する以外に、
サプリメントなどで上乗せ摂取することは推奨できない】
とされています。


イソフラボンには、女性ホルモンと似たエストロゲン様作用があるため、
生殖器などが発達途上にある15歳未満の男女に関しては、
過剰摂取による生殖器の発達異常が懸念されるのです。


動物実験のデータにより上記の問題が予想されるため、
【胎児・乳児・幼児・小児の上乗せ摂取】に関しては推奨されていません。

胎児に関しては、母体の上乗せ摂取の非推奨ということになります。


とは言っても、普段の食生活で栄養の豊富な大豆や納豆、お味噌汁を摂取するのはたいへん健康に良いことです。


日本人は大昔から大豆食品を毎日のように摂取してきました。
そういった背景から、意識的に食生活から大豆イソフラボンを遠ざけようとしてしまうのは、
かえって栄養素が足りなくなり、健康に良くない影響が出るのではないかと心配されています。


食品安全委員会でも、【食事に上乗せして】の摂取が推奨できない、と言っているだけですので、
普段の食生活まで敏感になることはありません。


大豆には、イソフラボンのみならず、とても豊富な栄養が詰まっています。


思春期のお子様が悩まされることの多いニキビにも有効に働き、
成長に欠かせない栄養素も豊富に含まれています。


上乗せ摂取は避けたほうが良いかもしれませんが、
食事にはバランスよく大豆食品を用いるようにすると良いでしょう。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら