イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

イソフラボンの摂取量をチェック

過ぎたるは尚及ばざるがごとし

私たち現代人の生活リズムは乱れ生活習慣病患者の激増が社会問題になっています。
これは食生活の偏りや運動不足が大きな原因となっています。
そしてこれらの要因が呼吸で取り込んだ酸素と合成すると【活性酸素】という悪質な物質に変化してしまうのです。


この物質は非常に有害で老化の原因となることで知られています。
さらにはガンや生活習慣病を発症する引き金になるとも言われているのです。
それゆえに活性酸素の発生を防ぎ、排除することが健康維持のためにも大切だと言われています。


そこで必要になるのが活性酸素を排除する働きを持った抗酸化物質です。
特に強力であるということで広く知られているイソフラボンは大豆由来の成分です。
様々な効能を持っているという事から、今、大きく注目されています。


抗酸化作用だけではなく、女性ホルモン様作用も持っているため美容効果などにも役立ちます。
同時に更年期障害や骨粗しょう症などの病気を改善するということでも有用性の高さが窺い知れます。


主に食事などで大豆製品をたべたときやサプリメントを飲んだときに成分を取り入れることになりますが、
必要なのは「継続すること」であり、一日だけ摂ったからといってどうにかなるものではありません。
当然のことながら必要以上に摂取するのは望ましくありません。
具体的な数値としてはアグリコン換算で上限70~75mg/日を目安にしてみましょう。
サプリメントを服用している場合は、パッケージや説明書に記載してある用法と用量を守って正しく使いましょう。


もちろん目安を遵守する必要はありません。
少しぐらいなら多めに飲んでも問題ないので、シビアになりすぎて面倒にならないようにしてください。
ただし、あまりにも過剰に摂取するのは身体によくありません。


これはどんなサプリメントにおいても共通していえることでしょう。
副作用はなくとも、過剰摂取は身体の負担になってしまうのです。
健康食品や従来の野菜などの食品にも同じことが言えます。
十分に考えながら中・長期的な視点での摂取を心がけるようにしましょう。

美容にはプラセンタという成分もおすすめです。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら