イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

妊娠・授乳中のイソフラボン摂取

女性ホルモン様作用、妊婦・授乳中の女性には?

女性はいつも健康的で美しく輝いていたいと願っています。

授乳・妊娠中であれば、母体だけでなく赤ちゃんの為にもなおさら栄養が気に掛かります。


食品安全委員会によると、
『妊娠中・授乳中に、サプリメントなどによって、普段の食事に上乗せしてのイソフラボン摂取は推奨しない』
とされています。


理由としては、
・ヒトによる試験データが不十分であること
・トポイソメラーゼⅡ阻害作用があること(DNA鎖2本切断・再結合)
・動物実験のデータから、胎児の生殖機能の影響が懸念される
という理由があげられてます。


つまり、過剰摂取は避けましょうという意味なのですが、
このような発表がなされていることから敏感に大豆イソフラボンを避けてしまう方もいるようです。


また、日本人は元々大豆食品を日常的に摂取してきた歴史から、
他国のデータをもとに上限が設定されていることを疑問視する声もあがっているようです。


授乳・妊娠中でも、普段の食生活で大豆イソフラボンを避ける必要はありません。


大豆にはイソフラボンだけでなく、素晴らしい栄養素が沢山詰まっていますので、
納豆・味噌汁・豆腐・おからなどを摂取すると健康に良いでしょう。


上限値の設定については各方面からさまざまな意見が交わされていますが、
明らかに摂りすぎているという事でなければ、極端に意識しすぎないほうが
かえって健康に良いと言えるでしょう。


一日の摂取量に関しては、厳密に言ってしまえば個々人の体格・年齢・性別・疾患などによって異なるものです。

もし、イソフラボン摂取による効果を得たいけれど不安な点がある…という場合は、
医師に相談をしてみるのも良いでしょう。


いずれにしても、日常の食生活において大豆食品を摂取する分には問題ありません。


母体のために、赤ちゃんのために、イソフラボンを摂取することにそれほどこだわらず、
バランスのとれた健康的な食生活を第一に考えるのが一番良いでしょう。


過剰摂取には充分な注意を払い、大豆食品を健康に役立てましょう。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら