イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

薬との併用は?

薬やサプリメントとの併用について

イソフラボンは、私たちの美容に対する効果から男性の前立腺がん、
女性の乳がん予防にまで効果を発揮する素晴らしい成分です。


女性ホルモンと似た作用をもっているためにこのような幅広い効果を得ることが出来るのですが、
摂取に際しては注意すべきポイントもあります。


大豆イソフラボンを安全に摂取するために定められた摂取量は、
アグリコン換算にして一日に70~75mg以下という事をご存知でしょうか?


この上限をオーバーし、過剰摂取してしまうとホルモンバランスが乱れたり、
身体の様々な不調の原因となってしまうのです。


つまり、エストロゲン(女性ホルモン)のような作用のある薬との併用は避けるか、
もしくは医師に相談する必要があるでしょう。


実際に、併用による副作用が報告されている薬もあります。
以下はその一部です。


【エストロン】【エストラジオール】【エストリオール】【抗がん剤】など。


併用すると、体調不良だけでなく薬の作用が弱まってしまったり、作用を得られない可能性もあります。


十分に注意し、医師への相談を忘れずに行いましょう。


そして、医薬品だけでなく、サプリメントの摂取にも注意が必要です。

サプリメントでイソフラボンを摂取する場合、
通常の食事での摂取量に加算されるという認識を持って摂取する必要があります。


通常の食事で、大豆・豆腐・納豆・味噌汁などの大豆イソフラボンを含む食品を摂取している場合は、
サプリメントなどで追加摂取する量を上限30mgとしたほうが良いでしょう。


他にも、プエラリアミリフィカやブラックコホシュ、レッドクローバーといったものにも
エストロゲンのような作用がありますので、併用には十分な注意を払うべきでしょう。


子宮筋腫・子宮内膜症といった疾患をお持ちの方は、必ず医師に相談してから摂取如何を決めてください。


美白・バストアップ・ダイエット・乳がん予防といった女性に嬉しい効き目から、
育毛・イライラ軽減・前立腺がん予防といった男性に嬉しい効き目まである素晴らしい成分です。


摂取には十分な注意を払うことで、副作用などのリスクも回避できます。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら