イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

イソフラボンを摂取すると太る?

太る?ダイエットに向いている?

イソフラボンは、健康にも美容にも非常に高い効果を発揮するとされています。


美容効果を求める方にも、健康効果を求める方にも有益な作用が多くあるので
イソフラボンを摂取しようと大豆製品を積極的に食事に取り入れる方が多いようです。


健康効果としては、
「前立腺がん」「乳がん」「イライラ」「うつ」「骨粗鬆症」「更年期障害」「コレステロール」
美容効果としては、
「美肌」「美白」「ダイエット」「バストアップ」「育毛」「抑毛」
などがあります。


近年では、生活習慣病の患者数が大変多くなっています。
生活習慣病には肥満体系の方ほどかかりやすいとされ、問題視されています。
皆さんもメタボリックシンドロームという言葉をご存知かと思います。


こういった背景もあり、現在では女性でも男性でも【ダイエット】に高い関心を持つ様になりました。


ダイエットをはじめとして男性にも女性にも嬉しい効果がありますので、
高い注目を集めているのです。


イソフラボンとよく似ているエストロゲン(女性ホルモン)には、脂肪を蓄積しにくくする作用があります。


エストロゲンが正常に分泌されていれば太りにくいのですが、
何らかの理由で分泌が減少してしまうと太りやすくなってしまうのです。


分泌が減少してしまう理由はいくつもありますが、
【精神的な不調】【疲労】【更年期以降】などが挙げられます。


味噌・納豆・豆腐などの大豆製品で補うことによって、
再び女性ホルモンの様な働きを得ることが出来ます。


「イソフラボン摂取で太ってしまう」と思われている方もいますが、
もしかすると、【女性らしい丸みを帯びた身体をつくる】という
女性ホルモンの作用を【太る】ことと混同している可能性があります。


豆乳などで摂取することによって摂取カロリーが多少多くなる事を
気にする方もいるかもしれないのですが、
それが原因で太るという事は基本的にないと考えて良いでしょう。


ただし、過剰摂取は副作用を引き起こす可能性がありますので禁物です。


摂取量を守ることを心掛けましょう。


大豆はそのほかの栄養素も豊富な食品ですので、
普段の料理に取り入れてみると良いのではないでしょうか。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら