イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

イソフラボンのアレルギー

アレルギーに注意しましょう

近年では、生活環境などから健康的に暮らせなかったり、
年齢を重ねてから生活習慣病にかかる人が増えています。


幼いころから様々な食物アレルギーを発症する方も多く、
その中には「大豆アレルギー」もあります。


そもそも食物アレルギーとは、身体の外から入ってくる物質(植物・食品など)に対して
免疫が過剰に反応している状態を指します。


本来であれば無害な物質であるにも関わらず、免疫力が過剰に働いてしまうと
アレルギー症状と言われる辛い症状が起こります。


アレルギーは、清潔な環境を保てる先進国に多くみられ、
乳幼児期に不必要なほど清潔な環境で育つと起こしやすいとされています。


イソフラボンと言えば【大豆イソフラボン】を思い浮かべる方が多いかと思います。


大豆イソフラボンは、その名前の通り【大豆】食品を食べることで摂取できるものです。


例えば、納豆・豆乳・豆腐・味噌・醤油などです。
特に味噌は、「アグリコン」型を摂取できる数少ない貴重な食品です。


しかし、大豆アレルギーのある方が摂取してしまうと
アレルギー症状を引き起こす可能性があります。


アレルギー症状には、
・じんましん
・喘息
・嘔吐
・腹痛
などがあります。


検査の結果、大豆アレルギーが陰性だった場合でも、
もっと詳しく検査してみるとイソフラボンアレルギーがあるかもしれません。


大人になってからアレルギーを発症することもありますので、
もしも体調が悪くなることがある場合は、
摂取を中断してアレルギー検査をしてみると良いでしょう。


基本的に安全な成分ですが、人によっては合わない事もありますので
心配な場合や心当たりがある場合は、アナフィラキシーショックなどの
重篤な症状を引き起こす前に検査をしましょう。


もしもアレルギーがある場合は、成分配合のクリームや美容液・化粧水を
付けただけでも症状が出ることがあります。


イソフラボンの女性ホルモン様作用には、
イライラを落ち着けるなどの作用から、ムダ毛の抑毛、バストアップ、癌にまで
幅広い効果を持っています。


健康のために摂取したい成分ではありますが、
アレルギー反応が出た際は、無理して継続せずに医師の指示に従いましょう。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら