イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

安全性の高いダイゼイン

アグリコン型の中のダイゼイン

前立腺がん・乳がんの予防から美容まで、幅広い健康作用のあるイソフラボンですが、
効率よく吸収するためには「グリコシド」型ではなく、
「アグリコン」型のイソフラボンを摂取することが大切です。


実は、吸収率の良いアグリコン型イソフラボンの中にも種類があります。


【ダイゼイン】【グリシテイン】【ゲニステイン】の3種類です。


この分類は、エストロゲン(女性ホルモン)様作用の強さによって分かれています。


エストロゲン様作用が一番強いのが、【ゲニステイン】です。

逆に、エストロゲン様作用がほぼないのが、【グリシテインです。

そして、エストロゲン様作用が弱いのが、【ダイゼイン】です。


私たちの健康・美容に最適なのは、エストロゲン様作用が弱い【ダイゼイン】なのです。


一見、エストロゲン様作用が一番強いゲニステインが最適なように思えますが、
実は作用が強いと副作用が懸念されるため、意識して摂取するには【ダイゼイン】が一番適してます。


アグリコン型イソフラボンの摂取のし過ぎによる副作用には、
発がんリスクを高める可能性があります。
また、男性の場合は過剰摂取すると「胸が膨らむ」「精子数が少なくなる」などの副作用があります。


身体に良いからと過剰摂取するのは好ましくありませんので、
十分注意する必要があります。


ゲニステインは、作用が強い分即効性が期待できそうですが、
副作用によって健康を損なってしまっては意味がありません。


ダイゼインの場合は、穏やかに身体に作用していきますので、
効果を感じるのに時間が掛かる可能性もありますが、
より安全にイソフラボンの健康効果を実感することが出来るのです。


ダイゼインを適度に摂取することで、
「更年期障害」「コレステロール」「バストアップ」「育毛」だけでなく、「ダイエット」にも効果的です。


これは、ダイゼインリッチ アグリコン型イソフラボンの、
食欲抑制効果や脂肪をつきにくくする効果が適切に発揮されているからです。


種類・摂取量に注意して摂取することが、効果を実感する一番の近道となるでしょう。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら