イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

イソフラボンを摂取するコツとタイミング

効率よく健康を手に入れるために

イソフラボンとひとくちに言っても様々な種類があります。
例えば学術的な面から言えば、
ゲニステイン・ダイゼイン・グリシテインの三種類から成る非配糖体が挙げられますが、
これらはアグリコン型イソフラボンと呼ばれています。
さらにグリコシド型イソフラボンという種類も存在しています。


分類の方法はそれだけではありません。
摂取方法としても様々なタイプがあるといえるでしょう。
ドリンクタイプやサプリメントタイプの他にも食事から摂取するという方法があります。


これらすべてに共通して言えることは「効果を高める摂り方がある」という事です。
他の成分などと組み合わせることで相乗効果をあげることができる場合があります。
ここでは、そんな摂取の方法やタイミングについて解説します。


【骨粗しょう症】
骨の強度が落ちてしまって骨折などを多発してしまう病気です。
これを防ぐためにもカルシウムを豊富に含む食品と組み合わせてみましょう。
代表的な例としては牛乳や魚などが挙げられます。
カルシウムと骨との間を取り持つビタミンKを同時に摂取しても良いでしょう。


【肌質改善】
魚や肉からタンパク質をしっかりと補給しましょう。
また、コラーゲンと相性の良いビタミンCを摂取するのも覚えておきましょう。
ビタミンCは緑黄色野菜などを中心に豊富に含まれています。
サプリメントでの摂取を考えても良いかもしれません。


そもそもイソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあります。
それ故に、妊娠している方や授乳中の方はホルモンバランスが崩れてしまう可能性があるため、
摂取を控えるべきと考えられています。
妊娠時は平常時に何でもなかった成分で具合が悪くなってしまうこともあり、
薬品の投与も控えたいところなので、予め念には念をいれておくべきなのです。
それ故に妊娠時は摂取するべきタイミングではありません。


上記の理由と同様に、ホルモン剤・抗がん剤を服用している場合は摂取を避けましょう。
これ以外にもちょっとでも不安があれば医師に相談しましょう。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら