イソフラボン・プエラリアを賢く選ぶ方法!

イソフラボンの効果や効能をはじめ、プエラリア製品の選び方や副作用などについて説明しています。

open3

これでOK!
女性の魅力アップ

美容を意識する女性はこれさえ揃えれば大丈夫♪
参考にしてみて下さい!
⇒ 詳細はこちら

open2

ランキング
-バストアップ編

胸の悩みを感じたらここから商品選びをしてみて下さい。
⇒ 詳細はこちら

open1

ランキング
-ダイエット編

理想のプロポーションを目指すならここからアイテムを探して下さい♪
⇒ 詳細はこちら

open4

トップページ
製品選びの秘訣

どれを選べばいいか分からない!そんな悩みを解決します!
⇒ 詳細はこちら

画像

納豆レシピ

豊富な大豆イソフラボンを食事から摂取

納豆は非常に栄養価の高い食品として知られていますが、
大豆イソフラボンを豊富に含んでいるという意味でも特筆すべき食材です。


大豆を納豆菌で発酵させることで作られており、ビタミンKやタンパク質を豊富に含みます。
そのため、お腹の調子を整える効果などが知られています。
もちろんご飯と一緒に食べても美味しいですが、それだけではなく様々なレシピに応用可能です。


【納豆キムチチーズパスタ】
〈用意するもの〉
●スパゲティ(二人前)
●納豆(二パック)
●麺つゆ(適量)
●キムチ(適量)
●スライスチーズ(二枚)
●卵黄(二個)
●ごま油

まずたっぷりのお水を鍋にはってスパゲッティを茹でてください。
その間にソースを作ります。
なっとうをかき混ぜたら、そのなかに付属のタレと麺つゆを入れて下さい。
付属タレがなければ醤油や麺つゆで代用しましょう。
その後、キムチをボウルに入れてなっとうもボウルに投入してかき混ぜます。
スライスチーズは適当な大きさに切っておきます。
スパゲッテイが茹で上がったらお湯をきりますが、その後に鍋のなかの水分を拭き取りましょう。
鍋に再度スパゲッティを投入してゴマ油を回しかけて少しだけ炒めます。
焦げ目がつかない程度に炒めたらチーズを入れて絡めてください。
それをお皿に盛りつけてキムチとなっとうを盛り付けます。
最後に卵黄をのせれば出来上がりです。


近年では余り見かけることが少なくなってきましたが、江戸時代以前から続く食べ方の一つになっとう汁があります。
これは味噌汁に叩き割った納豆を入れて具にするという納豆の食べ方です。
なっとうは地域によっても食べ方に差があるというのが特徴の一つとしてあげられます。


【そぼろ納豆】
茨城県でよく見られる食べ方の一つです。
あらかじめ切り刻んだ切り干し大根をなっとうのなかに投入します。
味付けは醤油やタレなどを使う事が多いようです。
ご飯のうえにのせて食べたり、おつまみとして食べたりもします。


毎日イソフラボンを摂取するために非常に効率的な役割を果たしてくれます。
継続を意識してみましょう。

Menu

商品解説+レビューまとめ

おすすめアイテム

その他の情報はこちら